MENU

学生向けローンの在籍確認はどのように行われる?

金融機関が提供するローンやクレジットカードのサービスは年々増え、多様化しています。レディースローンやおまとめローンなど、利用者のニーズに答え様々なプランが提供されています。

 

最近では、学生向けのローンもあるようですが、利用と希望者する人の中には、周囲に知られるのが嫌で二の足を踏んでいる場合も多いようです。利用をためらわせる一番の原因は、金融機関からの在籍確認のようです。確かに、周囲の評判を気にかけると、アルバイト先に消費者金融から電話がかかってくる事に不安を感じるのも分かります。

 

ここでは、そのような不安を解消するためにも、学生向けローンの在籍確認がどのように行われるのかを、説明しようと思います。基本的に在籍確認を行う担当者は、利用者のプライバシーをするよう、また、相手先の会社に失礼のないよう、各金融機関で十分な研修を受けています。こちらから勤務先にばれないように願い出るまでもありません。もとから、そのような配慮がなされているのです。

 

学生向けカードローンの在籍確認

 

金融機関の担当者は、勤務先に電話をする時、金融機関の名称は伏せて個人名で電話をかけます。ですから、同僚の誰かがその電話を取ったとしても、単なる知人からの電話だと思うでしょう。

 

電話を取り次いでもらった後に、担当者と話す内容も、住所や生年月日と言った簡単な確認のみで、数十秒で済みます。また、電話の時、本人が外出中であったとしても、電話を受けた人が、「〜は、只今席を外しています。」など、実際に在籍していることが分かる返答があれば、それだけで在籍確認が完了したことになります。簡単すぎて、心配していた人は、拍子抜けしてしまうのではないでしょうか。

 

また、学生向けローンの場合、金融機関によっては、自宅や本籍地に電話をする事もありますが、こちらも同様の配慮がされていますので、心配は無用です。