MENU

休職している時には在籍確認が難しい?

いつも元気に働くことができれば良いのですが、時には病気に罹ったり怪我をしたりすることもあります。軽い症状であればすぐに仕事に復帰できるでしょうが、重い症状なら休職しなければならないということもあるでしょう。

 

休職すると借入れが難しい

 

休職すると支出は増える一方で収入はなくなってしまいます。休職期間が短いのであれば何とか貯金を崩しながらでも乗り切れるかもしれませんが、休職期間が長期化していき復帰の目途がなかなか立たなければだんだんとお金の面も厳しくなります。

 

そこで、生活のためにお金を借りたいということを考える場合もあるでしょう。ただし、休職している状態ではなかなか借入をすることは難しいケースが多いものです。

 

副業などの何か別の収入源がある場合や、パートナーにある程度の収入があるような状態であれば、審査で落ちる可能性は低くなります。しかし、もしそのようなものがなければ貸し付けても返済が難しいと判断されるケースが多いですので、厳しくなってしまうのです。

 

休職中の在籍確認

 

休職中の場合には在籍確認の電話も問題になってしまいます。休職している会社に対して電話がかけられると、普通ならば「休職中です。」という答えになるはずですが、もしかすると間違って在籍していないかのような回答になる可能性もあります。

 

そのような回答をされると、在籍確認ができなかったということになり、最悪の場合には見送りということになるでしょう。しかしながら、休職中なのに会社に連絡して在籍確認の対応をお願いするのも難しいでしょう。

 

休職中の場合には、このように在籍確認も難しく審査も通りづらくなっていますが、復職してからでは間に合わないという状況もあり得ると思います。

 

その場合には、在籍確認については借入を検討している業者に対して相談をすると良いでしょう。在籍確認の方法などについて相談をしておけば、うまくいく可能性もあります。どうしても必要な場合には、諦めずに業者に相談してみましょう。