MENU

フリーローンの金利って、どうやって決めているの?

フリーローンの金利を見たことはありますか?

 

大抵の場合、「年利4〜18%」といったような表示の方法がとられています。これは、Aさんは年利4%で利用ができるけれど、Bさんは年利18%を支払わないと貸してもらえないということです。

 

4%と18%では、ずいぶんの金利の額に差が出てしまいますが、これはどのような理由で生まれるのでしょうか。

 

スコアリングで出される金利

 

銀行でも消費者金融でも同じなのですが、金利はスコアリングとよばれる数値をもとに算出されます。「年収がいくらあるのか。他社からお金を借りているか。自営業かサラリーマンか。これまでに返済を滞納した経歴がないか。

 

担保になるような資産を持っているか。」こういった項目を点数化することで、その人がどの程度信用できるのかを査定するのです。その結果、金利が安くなるのか高くなるのかが決められているのです。

 

また、このスコアリングを利用して金利以外のことも決められます。年収が低いうえに、他社からも貸付を受けているような場合は、返済ができなくなる見込みが高いと判断され、お金を借りること自体ができないこともあります。

 

一方で、大きな会社の役員をしていて定期的な収入が確約されている、持ち家がある、今まで借り入れをした際もきちんと返済がされているといった場合は、低金利で借り入れることができます。

 

確実に、元本と一緒に金利も支払ってくれるとなれば、貸し付けを行う業者から見ても長い付き合いをしていきたいと思う相手です。ですから、そのような気持ちを込めて、金利を低く設定するのです。

 

過去にトラブル等があったら金利は高く設定される

 

これがもし、年収が多くても以前に返済を滞納した経歴があったり、収入が不確定な個人事業主であった場合は、貸したお金がきちんと帰ってくるかどうか不確定ですので、上限いっぱいの高い金利で貸し出されことにつながります。

 

また、今までお金を借りたことが無い人も、同様に高い金利で貸し出される傾向にあります。たとえ収入や持ち家があったとしても、お金を返してくれるのはお金を借りた人です。

 

ですから、「人」として信用を得るまでは、無条件に金利が高めに設定されてしまうことは覚えておいてください。