MENU

銀行のフリーローンのメリットについて

金融商品の中にフリーローンがあります。

 

これは使用用途が決められていない自由に使えるローンなので人気が高いローンでもあります。 このフリーローンは銀行から発行されているフリーローンと、消費者金融から発行されているフリーローンがあります。

 

どちらのフリーローンを利用しようか悩んでしまうと思いますが、銀行のフリーローンを選ぶ人が多くなっているのです。では銀行のフリーローンを選ぶメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?

 

例をあげて銀行のフリーローンのメリットを見て行きましょう。

 

借入金額の制限がない

 

借入金額の制限がないと言っても、もちろん利用限度額が設定されているのでその枠内での利用となってしまうのですが、銀行の場合には総量規制の対象外となっているので年収の3分の1までの借入しかできないという縛りがないのです。

 

消費者金融の場合はこの総量規制の対象内となっているので、年収の3分の1までの借入しかできないようになってしまうのです。年収が少ない人であっては高額な借入ができなくなってしまうので不便に感じてしまうでしょう。

 

金利が低い

 

銀行のフリーローンは消費者金融に比べて金利が低く設定されています。最大の金利が3%ほどは変わってきてしまうので、これは年単位で考えるとかなり大きな違いとなってきてしまうのです。誰でも出来れば少しでも利息を減らしたいと考えるでしょう。

 

対応の違い

 

銀行と消費者金融の接客対応を比べた場合、やはり銀行の方が安定しており接客マナーもしっかりとしています。消費者金融に問題があるという訳ではないのですが、比較してしまうとやはり銀行ので接客対応のほうがしっかりとしているので安心感があります。

 

借入返済の簡単さ

 

銀行のフリーローンの多くはインターネットに対応していたり、また提携しているコンビニATMからも利用できるようになっています。もちろん消費者金融でもこれらのサービスは行っています。この点に関してはどちらも便利に利用することができるようになっています。