MENU

フリーローン審査に欠かせない在籍確認を徹底解説

フリーローンは手軽に利用できるキャッシングサービスですが、利用前には必ず在籍確認が行われます。

 

在籍確認というと通常は、勤務先への電話での確認ということが一般的です。

 

勤務先への在籍確認は申し込んだ方が職場として申告している場所に、実際にその方が勤務しているかどうかという確認になります。

 

在籍確認電話への対応

在籍確認の電話>

 

オンラインで申し込みを行っている場合などには、ご自宅で自分で電話に出ることも可能かと思います。

 

たとえば店舗に来店しての申し込みや無人契約機を使って申し込みを行っている方の場合、自宅にはどなたもいない場合もあるかと思われます。

 

もしもご家族と同居しているのであれば、申し込みに出かける前に一言確認電話があるかも知れない旨伝えておくと、万が一が出来るかと思われます。

 

一人暮らしの方、あるいはご家族もみな留守である場合には、出かける前に家の固定電話を留守電にしておくといいかもしれません。

 

自宅への確認電話を行った消費者金融の担当者は、留守電であっても、確かに自宅として申告されているところにつながったということで、在籍確認が出来たとみなすことも考えられます。

 

携帯電話への在籍確認

 

携帯へ在籍確認の電話も可能

固定電話以外にはお持ちの携帯電話に対して確認を入れることもあります。携帯であれば、申し込んだ方が常に携帯しているわけですので、確認電話に出ることも容易いといえます。

 

携帯やスマホが普及しきった現在では、確認といえばむしろ固定電話ではなく、携帯にかかってくることのほうが多いかもしれません。

 

いずれにしても勤務先以外にも自宅や携帯に対しての確認があるということも頭に入れておきましょう。

 

雇用形態によって違う?アルバイトや派遣社員の在籍確認をチェック!

 

フリーローンの特徴は、安定した収入があれば誰でもキャッシング申込をする資格があります。

 

そのため

 

  • 学生アルバイト
  • パート主婦
  • 派遣社員
  • 自営業

 

など、多岐にわたる雇用形態でも審査に通る可能性も高いのです。

 

しかし上記の場合、気になるのが職場への在籍確認連絡ですよね。アルバイトや派遣社員など、正社員と違って「電話されると困る…」と感じる面も多いのではないでしょうか。

 

こうしたケースの場合でも、在籍確認をされるのか?その実態について詳しく説明していきましょう。

 

アルバイトが在籍確認の連絡を受ける場合

法律の定めにより、消費者金融が融資を行う際には、利用者の勤め先に在籍確認を行うことになっています。

 

在籍確認が取れないと、審査に通過することができなかたり、審査が下りるまでに時間がかかったりしてしまいます。すみやかにキャッシングを行うためには、事前に勤め先に在籍確認の連絡が入ることを伝えておくとよいでしょう。

 

アルバイト・パートへの在籍確認電話

 

フリーローンの特徴は、学生やアルバイトでも利用できること。しかしそこで心配なのは、アルバイトやパート先への在籍確認の電話ですよね。

 

もちろん学生や主婦でも、勤務先へ在籍確認の電話はあります。

 

職場にかかってくる確認の電話には、なるべくなら自分で応対したいと思うのが普通です。しかしアルバイトの場合、その電話に自分で出るのはなかなかできません。

 

たとえばファミリーレストランなど接客をするアルバイトをしていると、自分で電話に出ることができません。たいては店長や社員が電話に応対することになります。

 

消費者金融から融資を受けることは、できることなら周囲の人には知られたくありませんが、すみやかに審査が下りるためには、あらかじめ在籍確認の電話が入ることを店長や社員に伝えておいたほうがよいでしょう。

 

在籍確認の電話連絡が来た場合

 

ただ消費者金融側でも、在籍確認の電話を入れる際には会社名を名乗るのではなく、個人名を名乗るようにするなど、そうした点に配慮がしています。

 

利用者の不安をなくすという観点から、またプライバシーを守るという観点から、こうした工夫がなされているのです。

 

しかし電話を受ける側からすると、そのことでかえって不審がられることがないわけではありません。

 

たとえば電話を受けたファミリーレストランの店長の立場であれば、「どうして個人からアルバイト社員あてに電話があるのだろう?」と思うのも当然です。

 

中には、「在籍確認の連絡かな?」と察してくれるかもしれません。しかし、そうでなければ、「失礼ですが、どのようなご関係でしょうか」とか、「どちら様でしょうか。ご用件は何でしょうか」と質問がつづいたとしても仕方がないことです。

 

ここでの応対がちぐはぐになってしまうと、最悪の場合、審査が下りなかったり、時間がかかってしまったりすることも考えられます。

 

そのような事態を避けるためには、在籍確認の電話が入ることを職場にも伝えておいたほうが無難と言えるでしょう。

 

派遣社員が在籍確認の連絡を受ける場合

フリーローンでキャッシング利用する際に、必ずあるのが最終確認を目的とした「在籍確認」です。

 

派遣社員の方の場合、この在籍確認の電話連絡が派遣元にあるのか、それとも実際に勤務している職場にあるのか、どちらに連絡があるのか疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

 

個人情報の保護が厳しくなった最近では、派遣会社側でも個人に対する電話連絡などに対応しないというスタンスをとっている傾向が多いようです。

 

とはいうものの、全ての派遣会社側がこのような形なわけでもありませんから、登録している派遣会社側のスタッフに「在籍確認の電話連絡があります」という内容を事前に伝えておくと良いでしょう。

 

派遣社員への在籍確認について

 

ちなみに在籍確認の電話連絡をするフリーローン会社は、あえて社名を出すことをせずに電話をかけてくることがあります。

 

これは利用者のプライバシーに配慮しているためであり、主に個人の名前で名乗り在籍確認をすることが多くあります。その際にも、あらかじめ電話窓口になるスタッフへその旨を伝えておくと後々スムーズに在籍確認の連絡を受け取ることができるはずです。

 

また派遣社員が勤務している職場に在籍確認の電話連絡がある場合、規模の大きな企業だとアルバイトや派遣社員など一人一人の個人名を把握していないこともあります。

 

これはよくある話で、審査に通過し最終的な確認のみという段階で在籍確認がとれなくなってしまった=審査対象外になってしまうということもあるのです。

 

ですから在籍確認の連絡があってもその連絡が本人に伝わらないということも重々注意しておかなくてはなりません。このような事がないように、在籍確認の電話が職場にかかってくるのであれば、勤務先のスタッフ、受付の方にその旨を伝えておくようにしましょう。

 

自営業が在籍確認の連絡を受ける場合

会社勤めの方ならば通勤先の会社に在籍確認の電話が掛かり、簡単に審査が完了します。逆に自営業の方は、在籍確認が困難だと言われています。

 

在籍確認とは、利用者の身分を証明するとともに、本当にその会社で働いているのかどうか確認する作業です。

 

自営業の中でも、飲食店の経営や建設業に携わっているといった明らかに仕事内容が分かりやすいパターンであれば確認作業も難しくないようです。

 

その中で

 

  • 内職者
  • デザイナー
  • プログラマー

 

などSOHOと呼ばれている職業の方は、証明確認が困難な場合があります。

 

実際に自宅できちんと仕事をしていても、周囲の方たちからは、どういう仕事をしているのか理解されにくいと言います。

 

自営業への在籍確認は難しい?

 

消費者金融側から見ても、自営業者に対しての在籍確認の判断は難しいようです。そのため、審査に時間が多く掛かってしまったり、最悪の場合は、在籍確認が不可能ということで審査の見送りになってしまう可能性もあるようです。

 

しかし、商売としてきちんと成り立っているということ、真面目に経営を行っていることを証明することができれば在籍確認をオンラインで受け付けている消費者金融会社もあります。

 

具体的な方法としては確定申告書の控え、営業所の正確な名称、営業許可証を提出することで審査が下りるというパターンもあります。

 

在籍確認の滞りに注意!

 

気を付けておきたいことが、在籍確認をスムーズに取ることができなかった場合は、サービス限度額が低めに設定されてしまうことがあります。消費者金融会社によっても、取引先の会社や連絡先などの情報を確認されることもあります。

 

利用する前には、どのような在籍確認方法なのかをしっかりと把握しておく必要があります。

 

また取引先に在籍確認の電話をする必要がある場合は、事前に一言断っておくと相手先に迷惑が掛かるのを防ぐことができます。

 

在籍確認できない?休日の連絡対応はどうする?

休日の在籍確認

 

フリーローンの申し込みでは、必ずといっていいほど在籍確認あります。

 

平日であれば当然問題なく会社に連絡をして在籍確認が可能なわけですが、土曜や日曜、祝日の場合には、会社が休みのため在籍確認が取れません。

 

在籍確認は審査の一つとして欠かせないと言える事なので、審査する立場からすると非常に困った事態となります。

 

土日・祝日の在籍確認

一方、利用者のニーズに応える形で近年では土曜・日曜や祝日でもフリーローンの申し込みが可能なフリーローン会社が増えています。申し込みは可能なのに在籍確認は出来ない。

 

それでは土曜・日曜の申し込みでは在籍確認を含めた審査は長引いてしまうのでしょうか。

 

このようなケースに対応するため、在籍確認を後回しにした上で、融資限度額を通常より低く設定する事で利用者に応じるフリーローン会社もあります。

 

具体的にどのような事かと言うと、本来ならば30万円の融資が可能なのに、在籍確認が休み明けとなってしまう事から10万円を上限とするといった感じです。

 

そして在籍確認がとれたら、融資限度額を30万円までに設定し直すのです。

 

在籍確認の代わり

さらに土曜・日曜の在籍確認の代わりに必要書類を提出してもらい、それで融資を開始するという方法もあるようです。勿論後日には必ず在籍確認の連絡は行います。

 

しかし現状として、審査において在籍確認は非常に大切な確認事項です。

 

もし土曜や日曜などに借り入れを行いたいと思っている場合は、あらかじめ会社が休みではない時に申し込みを行っておくのがよいでしょう。

 

また、どうしても土曜・日曜や祝日しか申し込みが出来ないのであれば、審査にある程度の時間がかかる事を計算しておくのがよいと思います。

 

フリーローンの在籍確認って時間指定できる?基本的な流れを確認

フリーローンの中には、在籍確認の電話連絡で時間指定できるケースもあります。

 

在籍確認を時間指定したいと考える人の中には、その電話を自分で受けたいと思っている人も多いようです。もちろん消費者金融では社名を言ったりはしませんが、それでもなんとなくわかってしまうものです。

 

そのため他の人に知られたくないので、自分で電話を受けたい人が多いのです。

 

まず在籍確認では、

 

「××金融と申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?」

 

とは絶対かけてきません。

 

個人名で連絡してくるのが一般的で、またどちらの会社の方ですがと聞いても絶対消費者金融とはなのらないのです。このように在籍確認に関してプライバシーがしっかりと配慮されているのです。

 

在籍確認電話の時間指定について

 

普段かかってこないような会社からの電話であったり、また社名を名乗らない電話の場合は、他の人が受けてしまうと怪しく思われてしまうこともあります。

 

そのためできれば自分で電話を受けたいと考えてしまうのでしょう。

 

在籍確認の電話を時間指定することによって、その時間帯に席にいれば自分で受けて対応することができます。これはとても便利なサービスとも言えるでしょう。

 

そみ自分で受けることができない場合であっても、社内の電話仲間内に自分あての電話がかかってくるかもしれないと一言言っておけば、逆に怪しまれないですむのかも知れませんね。